<< 暮れなずむ渥美 | main | 横綱 朝青龍 断髪式 >>
2010.10.02 Saturday

錦秋十月大歌舞伎


新橋演舞場にて10月2日〜26日で上演される大歌舞伎の、
夜の部第二幕「神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)〜どんつく〜」で
太神楽の親方を演じる市川団十郎さんが、かごまりと二本撥を披露しています。

この演目はもともと坂東三津五郎家のお家芸で、今回は
七世(五十回忌)、八世(三十七回忌)、九世(十三回忌)の追善狂言として上演。

で、当代三津五郎さんからの依頼で今回、
うちの親方が団十郎さんに曲芸を教えることになり、
なぜかアタクシが助手という形で毎回付いていくことになりました。

団十郎邸でのお稽古では、ほんとに3人だけの稽古なので、
たくさんお話をさせていただいたり貴重な経験になりました。

さて、今回舞台ではどのようになっているのでしょう。

興味のある方、ぜひぜひ団十郎親方を観に行ってくださいまし。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
twitter
 @senshirou

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去の記事
Recent Trackback
リンク
プロフィール
サイト内検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM