<< こちら葛飾区亀有駅前銅像 | main | どっちに行っても・・・ >>
2006.04.17 Monday

寝ずの番


中島らもの原作で、マキノ雅彦(津川雅彦)が初監督した作品『寝ずの番』を鑑賞。

この映画、賛否両論あるようですが、私はおもしろいと思いました。
上方落語家の世界が舞台で、お通夜であれこれ回想するってのが作品のすじ。

なんでR15指定なのかなぁと思ったら、後半で原語の連発。
といっても卑猥さはなく、ただ「くだらね〜」と笑える感じです。

我々の世界っていくつになってもみんな無邪気。
いい大人が子供のようなイタズラを算段してみたり、70過ぎたお爺さんが楽屋でエロ話をふつうにしてたり。
これってカタギの人には考えられないことだと思うんですわ。

そんな「われらの世界」をバッチリ描写してくれてる映画なので、楽屋話の楽しさを味わえるんじゃないかなーと。
機会があったらぜひご覧あれ。

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
twitter
 @senshirou

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去の記事
Recent Trackback
リンク
プロフィール
サイト内検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM