<< 千穐楽 | main | 緞帳図鑑26 >>
2011.12.01 Thursday

緞帳図鑑25


11120101.jpg

福岡県朝倉市 朝倉地域生涯学習センター 朝倉文化ホール。

土地の伝承系の図柄です。
緞帳に書いてある文字を調べてみると、けっこう怖い話。

***********************
筑前の国木の丸御殿の庭掃除の老人が
女御(にょうご。天皇の後宮)の姿に恋をしてしまいます。

この老人に廷臣が女御の言葉を伝えました。
「池の畔の木に掛けた鼓を打ち
 その音が御殿まで聞こえたら今一度会ってやろう」

老人はその鼓を見つめ、音が出れば
その時こそ恋心の乱れを静められるのだと心を込めて鼓を打ちますが
一向に鳴りません。

元より鼓は綾を張ったものなので鳴り響かないのは当然でした。

騙されたと知った老人は、いたく嘆き悲しんだ末
池に身を投げて死んでしまいます。

それから間もなくして女御の様子がおかしくなりました。
老人の怨霊が髪を振り乱して現れ女御に鼓を打てと責めさいなみます。

そのために女御は狂ってしまい、亡霊は無限の恨みを残したまま
再び池の中に消えたのでした。
***********************

これだけ読むと、この老人も・・・よくないねぇ。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
twitter
 @senshirou

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去の記事
Recent Trackback
リンク
プロフィール
サイト内検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM