<< KTD→MMD | main | 南大東満喫の巻 >>
2011.07.04 Monday

シュガートレイン



南大東島には大正6年(1917年)から昭和58年(1983年)までの間、
鉄道が走っていました。

島の基幹産業であるサトウキビを運搬することからシュガートレインと呼ばれ、
1900年からの開拓史に大きく貢献。

しかし、手刈りだったサトウキビが次第に機械収穫になっていくと、
トラック運搬が主流になり、時代に合わなくなった鉄道は廃止になったのでした。

現在は一部の車両が役場近くに保存展示されています。

線路幅は762mmと JRなどで主流の1067mmよりも狭いので、車体も少し小さめ。
なかなか愛嬌のある小ぶりな機関車です。
現役の頃は貨車のほか客車もつなげて輸送していたとか。
その雄姿を見てみたかったもんです。

線路が敷かれてた所は道路になっていて、木々の具合からも 
昔は汽車が走ってたんだなという名残が感じられます。

さて、これから夜講演。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
 @senshirou

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去の記事
Recent Trackback
リンク
プロフィール
サイト内検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM