2008.04.16 Wednesday

わてら陽気な


08041501.jpg

ローソンで1000円で売ってたので買っちゃいました。
懐かしのホラー映画です(作り手側の位置づけはホラーコメディ)。

これを初めて観たのは21年前、テレビ放送で。
当時テレビで放送される映画をビデオに撮るのがマイブームで、テープの爪を折っておきたい作品ベスト2だったのです。
ちなみにベスト1は眼下の敵。

もう何かっていうとバタリアンを観てたあの頃。
なーんか好きなんですよね。
でも今考えると、わりとグロなのによく金曜ロードショーでやってたなぁ。

あの「オバタリアン」の語源になったことで有名ですが、原題はリターン オブ ザ リビングデッド。
実は劇中のどこにもバタリアンという言葉は出てきません。誰が名付けたんだろ?

今、我が家では「三丁目の夕日」の隣に「バタリアン」が並んでます。
世界中探しても、この組み合わせで隣り合ってるとこは少ないと思われ。
 
2007.05.19 Saturday

硫黄島の星条旗


遅ればせながら、クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作
『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』を観ました。

が、ちょっと安易にコメントはできませんね。
ただただ深く重いです。


3年前の硫黄島で、天山慰霊碑に手を合わせたことを思い出しました。

2006.10.04 Wednesday

出口のない海


タイトルの映画、今日観てきました。
原作と設定が大きく違う部分があったものの、かなりの出来だったと
好評価しています。
人間魚雷回天の、出撃時のすさまじい緊迫感は、原作を読んだ時と同じで、
息が詰まる思いでした。
この映画はテーマがテーマだけに、映画の出来不出来というよりも、
強いメッセージ性を大きく評価したいところ。

個人的な感想ですけど、「男たちの大和」はキャストと戦闘シーンで
強引に引っ張ってる印象だったので、心に突き刺さるものがあまり
無かったのが正直なところ。
一方、出口のない海は「人間魚雷」というオゾマシイ兵器と、搭乗員の
複雑な心理を現代人に知らしめようという、一貫したテーマがあるので、
「戦争とは何ぞや」と、あらためて考えさせられました。
映画館を出た時は、ズズズズズズーーーンと重い気分でしたわ。

そういえば今月末には「父親たちの星条旗」も公開されるんですよね。
んで12月に「硫黄島からの手紙」だそうで。
日米合作の硫黄島二部作。これも見なくちゃ。

なーんかここ最近、第二次大戦モノの映画が多くないですか?
なんでだろ。
戦後60年だから? ていうか61年だし。中途半端だし。

2006.08.19 Saturday

リング


パソコンテレビGyaOで、98年のヒット作「リング」をやってたので
鑑賞してみました。
貞子の出てくるあれです。

こわかったです。はい。

これってもしかしたら、映画館で観るのが一番怖くないかも。
人が大勢いればね。
映画館は、大スクリーンや音響の迫力はあるでしょうけど、
何といってもテーマがビデオテープですからね。
パソコンテレビでもDVDでもなく、ビデオで観るのが最も怖いと思われ。
ま、深夜にひとりで観るってだけで怖いんですけど。

観終わったいまも、なんとなく怖さが残ってます。
怖いからブログ書いちゃったりしています。

熱帯夜はこういうのが効果的でよいですなぁ。
エアコンの設定温度を3℃ぐらい上げちゃったもの。
2006.04.17 Monday

寝ずの番


中島らもの原作で、マキノ雅彦(津川雅彦)が初監督した作品
『寝ずの番(R15指定)』を鑑賞。

この映画、賛否両論あるようですが、私はおもしろいと思いました。
上方落語家の世界が舞台で、お通夜であれこれ回想するってのが作品のすじ。

なんでR15指定なのかなぁと思ったら、後半で原語の連発。
といっても卑猥さはなく、ただ「くだらね〜」と笑える感じです。

我々の世界って、いくつになってもみんな無邪気なんです。
いい大人が子供のようなイタズラを算段してみたり、
70過ぎた爺さんが楽屋でエロ話をふつうにしてたり。
これってカタギの人には考えられないことだと思うんですわ。

そんな「われらの世界」をバッチリ描写してくれてる映画なので、
楽屋話の楽しさを味わえるんじゃないかなーと。
機会があったらぜひご覧あれ。
2006.03.24 Friday

三丁目の夕日


とある二番館にてALWAYS 三丁目の夕日を鑑賞。
前評判通り、すばらしい映画でありました。

昭和30年代初期の東京が舞台。
その時代には生まれてないのに、なぜか「懐かしさ」を覚えるという、
日本人の誰もが持つノスタルジーを触発してくれる作品でした。

そしてこの映画の一番の見所とも言えるのがCGの上手さ。
まったく違和感なく、実際の映像と思ってしまうぐらい秀逸でした。

ストーリーではうっかり泣いちゃいましたよ。
何なんですかねぇ。
大げさにドラマチックな場面は無いんですけど、なーんかヒタヒタと泣いてしまうんです。

うん、これならDVD買ってもいいなぁ。
とにかくハマりました。



06032501.jpg
うちの近所から見た夕日。
この辺は荒川区・台東区・文京区の区境に位置しており、
それぞれ荒川区西日暮里三丁目、台東区谷中三丁目、文京区千駄木三丁目。

はい、もうお分かりですね。
これぞ三丁目の夕日。

・・・・そんなワケで、もうひとつ。
今日、初めてゴルフの練習に行ってきました。

金属の棒で球を打つ、、、生まれて初めてする行為です。
予想以上に楽しく、予想以上に疲れました。
もう身体中が筋肉痛で。
とりあえず秋頃のデビュー目指して頑張ります。
2006.03.10 Friday

登場艦物


第二次大戦の海戦映画だと思ってたのに、妙なエスパー映画だった「ローレライ」。
すんごいガッカリ。ハァ。
みたいなことがあったので、なんとなく「亡国のイージス」も遠のいてたんですが、
ついに昨日かりてきて観ました。

感想はというと、大筋では飛躍しすぎた話だけども、部分部分ではリアリティがあり、
いわゆる娯楽映画として観るならそこそこいけます。

一番の見所は「海上自衛隊全面協力」の謳い文句通り、本物の護衛艦が登場するところ。
作中で舞台となるイージス艦は、実際のイージス艦「みょうこう」を使っています。

みょうこう。。。

んー、どっかで見たなぁと思ってたんですよ。
で、思い出しました。
去年12月に舞鶴へ芸激に行った時に停泊してたのが「みょうこう」でした。
ブログにも登場してましたね。

さすが全面協力。
艦の識別を示す番号175もそのまま映画では出ています。
武器発射のシーンはどう撮影したのかわかりませんけど、なかなかリアルです。

海自に詳しい人、全然詳しくない人、ともに楽しめる映画だと思うので、
観てない方はぜひご覧くださいましな。
観たら感想聞かせてください。



06031001.jpg
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
twitter
 @senshirou

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去の記事
Recent Trackback
リンク
プロフィール
サイト内検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM